フランチャイズのメリットとデメリット

フランチャイズは経営の未経験者でも独立できる

サラリーマンが脱サラする際に、フランチャイズを利用するケースが多くあります。これはすでに確立している経営ノウハウを利用できることにより、少ないリスクで会社運営ができるメリットがあるからです。必要なテナントや設備なども用意してくれますし、知名度があることから集客のための宣伝活動もあまり必要ありません。問題が生じた場合にも本部に相談することができますし、ビジネスプランが出来上がっているので楽に経営することができます。販売する商品や提供するサービスもすでに準備されていますし、仕入れなども自分で行う必要がないので労力がかかりません。このように前準備なしに会社を立ち上げて運営できるのがフランチャイズのメリットと言えます。

フランチャイズのデメリットについて

脱サラする際にも楽に起業できるフランチャイズですが、デメリットもいくつかあります。例えば提供する商品やサービスは全て用意されているものを扱うことを義務付けられます。自分で工夫したオリジナルのものは提供できないなどの制約がある点はデメリットと言えます。また売上に関わらず毎月加盟料を支払うようなケースもあります。思うように売り上げが確保できない場合には、加盟料が大きな負担となるわけです。また経営に協力的なのは起業した時だけという場合もあります。集客のためのチラシ配りなどは自分で行わなければいけないケースもあります。また毎月の売り上げにノルマがあり、達成できない場合には契約を打ち切られる場合もあるので注意が必要となります。