フランチャイズに向いている人と向いていない人の違い

独立のみが希望かすべて自分でしたいか

お店などを持つとき、いくつかの方法が取れます。まずは一からすべて自分で立ち上げる方法です。立地なども自分で決め、店の内容、店名、ブランドなども一から決めます。当然最初は知名度がないのであまり儲けられない可能性はありますが、一旦評判が広まれば安定経営も可能です。その他にはフランチャイズを利用する方法があります。独立経営はできますが、ブランドやお店の内容などはすでに知られているアイテムを利用します。そのため、開店当初からお客さんに利用してもらえる可能性があります。独立のみを考えているなら、フランチャイズは成功しやすいと言えるでしょう。一方、一からすべて自分で行いたい人にはフランチャイズは合わないかもしれません。

ロイヤリティーに対する考えの違い

個人でお店を持つとき、自分がオーナーであれば当然利益はすべて自分のものになります。会社などなら、いくら自分が貢献しても利益は会社となり、自分自身は給料しかもらえません。個人での店の持ち方として、フランチャイズを利用するのか、自分で一から立ち上げるのかがあります。フランチャイズの特徴としては、一定のロイヤリティーの支払いがあります。フランチャイズを利用すると、ブランドや運営ノウハウ、機器の借入を優遇してもらえるなどの利点があります。ただし、売上や利益の一部などを渡す必要があります。ロイヤリティーを一定のコストと考えられるなら利用して運営も可能でしょう。得た利益をすべて自分のものにしたい人はフランチャイズは会わないでしょう。