フランチャイズ経験者から学ぶ失敗例とその対策

フランチャイズの失敗のリスクを避けるには

フランチャイズの経営のメリットとして、自営業や会社経営の経験がない人であっても、わずかな資金があれば開業を目指すことや、困ったことがあれば本部のサポートを受けられることがあります。一方、コンビニやファミレスなどのフランチャイズ経営をするうえで、事業を始める地域におけるライバルの店舗の有無や人通りの多さなどにこだわることが重要です。
また、契約の内容によって、フランチャイズの加盟店の売り上げのうち、本部にロイヤリティとして支払いが必要となることがあります。特に、ロイヤリティの金額が高い場合には、少なからず事業を圧迫することがあります。そこで、事業を開始した後の失敗をなくすため、複数のフランチャイズの本部が開催する説明会などの機会を使って契約内容をじっくりと比較することが大事です。

フランチャイズに適した業種を見極めるポイント

フランチャイズの事業に関心があるときには、興味のある業種の売り上げや店舗展開の状況などに目を向けることが大切です。特に、飲食店や小売店などは、業務に関するマニュアルがしっかりと用意されており、オーナーとして店舗を運営するうえで、スタッフの採用の仕方や日々の仕事をすぐに覚えられるという魅力があります。また、業種によって売り上げや利益率などに大きなばらつきがあるため、将来的に店舗運営を成功させるために、様々な業種のフランチャイズの事業を手掛けている経験者の口コミを参考にするとよいでしょう。その他、出店計画を立てるにあたり、本部のスタッフと相談をしながら、中長期的な利益を得られやすい地域を選ぶことがポイントです。